2010年07月24日

「PSP ident v0.4」はPSPの基盤チェックができるソフトです。

CFW導入できるどうか基盤をチェックするソフトがPSPidentです。
今のバージョンのダウンロードはグーグルの以下のページを参考にしてください。
http://www.google.co.jp/search?q=PSPident_04.rar&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&hl=ja&sa=2
この中から、「PSPident_04.rar」を探してください。

このPSPident_04.rarを解凍したら、「PSPident」というファイルがあるので、
PSPのメモリースティックのGAMEフォルダの中に、この「PSPident」ファイルをコピーしてください。

次に、PSPでこのフォルダを開きます。
ゲーム→メモリースティック→PSPident 0.4を選択してください。
これでPSPの情報が分かります。

Motherboard mode1: の後に、TA-085やTS-090 v2などの数字が見えるでしょうか?
PSP-2000の場合は、TA-088 v3 と TA-090 v2 の場合はCFW(カスタムファームウエア)の導入はできません。
それ以外の、TA-085 v1 , TA-085 v2 , TA-088 v1 , TA-088 v2 , TA-090 v1 ならCFW導入が可能です。

PSP-1000の場合は、TA-079 v1 , TA-079 v2 , TA-079 v3 , TA-081 , TA-082 , TA-086 ですが、
どれもCFW導入が可能です。
posted by pspcfwumbiso at 07:49| PSPidentで基盤のチェック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

どのタイプのPSPならCFW(カスタムファームウエア)が導入可能か?

PSP−1000の場合、すべてのモデルでCFW(カスタムファームウエア)の導入が可能です。

PSP−2000の場合、初期モデル(未対対策基盤)は可能ですが、後期モデルの対策基盤なら不可能です。

対策基盤か見対策基盤かは、「PSP ident v0.4」で確認できます。
(PSP identの使い方は今後紹介します。)

またそれとは別に、PSPのFWファームウエアが5.03なら大丈夫ですが、
FWが5.05や5.50以降の場合は、見対策基盤ならパンドラバッテリーを使えば可能です。
(パンドラバッテリーの使い方も今後紹介します。)

まとめると、
PSP−2000のCFW導入は、
対策基盤なら、FW5.03以下なら可能。
       FW5.03を超えているなら不可能。

見対策基盤なら、FW5.03以下なら可能。
        FW5.03を超えているならパンドラバッテリー使えば可能です。

PSP−1000の場合は、
FW5.03を超えているならパンドラバッテリー使えば可能です。
FW5.03以下ならパンドラバッテリーなしで可能です。
posted by pspcfwumbiso at 14:25| CFW導入について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。